MENU

高耐震・高断熱を実現するためには

  • 新築住宅施工事例
  • 2020年基準を目指して
  • お客様の声
  • 物件情報
  • リフォーム・リノベーションについて
家づくりについて
注文住宅について
家づくりの楽しみ方について
土地選びと資金計画について
設計と費用について
リフォーム・リノベーション
内装・水周りリフォーム
外壁・屋根リフォーム
外構・エクステリア
  • 建工のこだわり・魅力
  • 高耐震・高断熱を実現するためには
お知らせ news
  • お問い合わせからの流れ
  • 会長挨拶・スタッフ紹介
  • Q&A
  • 会社概要
  • 会社ブログ

スマイミー

TOP > 高耐震・高断熱を実現するためには

耐震・制震

耐震だけではない地震対策の手法とは

「地震に強い家を建てる」=「耐震性のある家を建てる」と考える方が大半だと思われます。もちろん耐震性のある家が地震に強く耐えられる可能性が高いことは間違いではありません。しかし、地震大国日本は他国に比べて地震が多いだけに、抗うための建築技法や対策を身につけてきました。地震に対抗する手法としては具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

【具体的な地震対策のための手法】

耐震 太く頑丈な柱、梁で建物自体を地震に耐えうる強度を確保することを意味します。しかし、地震エネルギーを梁などが直接吸収するため、建物の揺れが大きく、家具の倒壊なども起こります。耐震は仮に建物が損傷したとしても揺れによる倒壊を防ぎ、人命を守ることを優先する考えが基準となっているのです。
免震 免震は地震の揺れを軽減する仕組みです。具体的には、建物と地盤の間に積層ゴムなどの緩衝材を入れ、建物自体の揺れを緩和させることで壊れにくくします。地震の揺れが建物に伝わりづらいことで、耐震に比べ建物だけではなく、家具などの転倒で下敷きになって逃げ遅れるといったリスクも軽減できます。
制震 ダンパーという地震の衝撃を吸収する装置を家の複数の壁などに配置して建物自体が起こす揺れの増幅を抑える仕組みです。建物が大きく揺れる点は耐震と変わらないものの、建物自体の損傷を限定します。以前は高層鉄筋コンクリート造りのビルなどに利用されていましたが、免震に比べコストが安いことなどから最近では戸建て住宅でも採用されています。

このように地震における建物の対策にもいくつかの手法があります。まずはそれぞれの手法の特徴を押さえたうえで、自身の自宅に施す地震対策の構造を考えるようにしましょう。

建工の耐震・制震のための工法について

建工の耐震のための工法について

建工は筋かいを使用し、住宅構造を組み立てます。耐震等級3評価を確保することが可能です!!

建工の耐震のための工法について

建工では、株式会社タナカの制震装置「減震くんスマート」を採用しており、
「耐震」「制震」の併用が可能です!!

床構造

2階床構造

2階床に剛性パネルを使用し、建築物全体に加わる力をバランス良く耐力壁に伝える剛性床構造が特徴です。強さだけではなく、快適性能の部分では床3層で音を階下に伝えにくくするハイレベルな遮音性能を実現することができます。

  • ①フローリング合板 12mm
  • ②床シージングボード 9mm
  • ③剛性パネル 28mm
  • ※防振吊木、高性能グラスウールも対応可能です。

1階床構造

1階にも、床剛性を高め、安定した床下地となる剛性パネルを使用しています。床の断熱には、底冷え対策として厚さ40mmのミラフォームラムダを剛性パネル下面に密着させています。

  • ①フローリング合板
  • ② 剛性パネル
  • ③大引・土台(大引・土台間に断熱材)
  • ④鋼製束・基礎

断熱性

断熱性

冬暖かく夏涼しい、理想的な室内環境を実現するため、家全体を高性能断熱材でしっかりと包み、優れた断熱性能を実現しました。 さらにすきま風の入る余地を極力減らすことで高い気密性能を実現。 野外の凍えるような寒さもうだるような暑さとともに無縁です。

建工の高気密高断熱の取り組み

建工では、高気密高断熱を実現するために、断熱性能に優れた複層ガラスサッシを標準仕様として使用しています。
複層ガラスサッシを使用することにより、「快適な室温」「結露の減少」「騒音のカット」「省エネルギーな暮らし」を実現します。
複層ガラスに特殊な金属膜をコーティングしたLow-E複層ガラスのサッシを使用することで、さらに高い断熱性能を持たせることも可能です。

サーモスL

建工の高気密高断熱の取り組み

断熱

冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし

冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし

高断熱窓をはじめ断熱化された住まいは、部屋ごとの温度差を抑えることができます。これは高齢者に起こりやすい冬期のヒートショック対策に効果的。
寒くなりがちなトイレ、廊下、浴室などとの温度差を少なくすれば、快適さと同時にカラダへのやさしさにもつながります。
※平成25年省エネルギー基準 建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率(一般複層ガラス/Low-E複層ガラス(空気層10mm以上))

エアコン効率を高めて、暖冷房費&CO2を削減

優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

エアコン効率を高めて、暖冷房費&CO2を削減

省エネ効果算出条件●熱負荷計算プログラム「AE-Sim/Heat」((株)建築環境ソリューションズ)を用いて算出した年間暖冷房負荷を、「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 Ⅱ住宅」((一財)建築環境・省エネルギー機構)に基づきエネルギー消費量、暖冷房金額に換算。●住宅モデル:2階建て/延べ床面積120.08m2/開口率:26.8% 「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 Ⅱ住宅」標準住戸のプラン●想定家族:4人家族●想定暖冷房機器:エアコン、暖房:20℃/冷房:27℃・60%●運転方法:間歇運転●計算地域:拡張アメダス気象データ2000年版(標準年)●住宅断熱仕様:平成25年省エネ基準適合レベル●開口部仕様:アルミPG+一般複層ガラス/断熱ドアk4仕様、〈高断熱住宅プラン〉サーモスL+一般複層ガラス/断熱ドアk1.5 仕様●遮蔽物:居室の8窓にレースカーテン、和室に和障子を併用●電気料金単価:27円/kWh(税込み)※住宅の大きさや間取り、機器類、生活者人数、生活パターン、地域によって数値は異なります。目安としてご利用ください。

基本性能

気密性能

A-4(2)等級

すきま風による冷気、暖気の流入を抑えて、断熱性能をさらに高めます。

水密性能

W-4(35)等級

高い水密性能で室内への雨水の浸入を防ぎます。

遮音性能

等級2・等級3(住宅性能表示)

クルマの騒音など外からの音の侵入や、楽器などの室内から外への音漏れも抑えます。

耐風圧性能

S-3(160)等級

安心の耐風圧性能を実現しました。

断熱性能
試験または計算による開口部の熱貫流率について詳細を見る
防露性能

高い断熱性能の効果により、結露を軽減します。

お問い合わせ

トップに戻る